借金の返済が難しくなったら相談しよう

毎月の借金の返済が苦しくなってきて、もはや支払い能力では対応できないと判断したなら早い段階で弁護士に相談すべきです。さらに借金を重ねたり、放置して利息が膨れ上がったりすると問題がさらに重大になりかねないからです。残った残債に対して適切な処理を施すこと、例えば債務整理や自己破産など債務から逃れるためには法律の専門的な判断が必要になります。

債務整理手続きの流れ

弁護士

任意整理の依頼と委任契約

債務者が弁護士に債務整理に関する相談をした後、業務の委任契約を結ぶことで債務整理がスタートします。弁護士は、債権者である全ての貸金業者に対して受任通知を行います。以降の取り立てと返済が停止され債務者は当面の窮地を脱することができます。

上限金利の引き直しの計算

次に債務整理の依頼を受けた弁護士は、貸貸金業者から取引履歴を取得した上で、利息制限法に基づいて借金額の引き直し計算を実施します。なお利息制限法には利息の上限が設定されており、仮にこれを越えて貸付けされている場合は、過払い金の返還請求が可能となります。

和解案の提示・和解交渉の実施

借金額を法律に基づいて引き直した結果、過払い金を受領した後においても、債務が残っている場合は残債の返済計画を検討します。弁護士は依頼人が返済可能な範囲における返済計画(返済額、期間など)を策定して、和解交渉のための案を貸金業者に提示します。

合意書の作成と和解による支払い

法律に基づいて引き直した借金額をもとにして、残債の返済計画について貸金業者と和解が成立すれば、和解結果に従って支払いを開始する流れとなります。なお返済が滞ることないように返済額については、あらかじめ弁護士と綿密に相談をしておくと良いでしょう。

スムーズにトラブルを解消!【弁護士に依頼するべき案件】

ジャッジガベル

弁護士に依頼するメリット

債務者が置かれている状況を分析し、法律上どんな解決策があるかを的確に判断するためには、弁護士に依頼することが最善の方法でしょう。そもそも弁護士は難関の国家資格に合格した法律の専門家であり、お金に関わる問題解決のプロフェッショナルであるからです。
特に相手方とトラブルとなっている事案においても、弁護士が間に入ることで双方の利害関係を調節しやすくなりますし、債権者側のとの交渉も冷静に進められるメリットがあります。弁護士や交渉のプロでもあるので問題を解決するための手続きがスムースであり、双方が納得のいく結果に導いてもらえるからです。したがって金銭に関わる事案においてトラブルとなりそうなら、迷わず弁護士に相談することを推奨します。

慰謝料請求に必要な事をここでチェック☆

東京で債務整理を進めよう♪

離婚専門の弁護士事務所を利用しよう

大阪で相続税のことならここへ★ 福岡で弁護士を見つけられる!

広告募集中