HOME>コラム>離婚の危機には弁護士に相談するのが望ましい

離婚の危機には弁護士に相談するのが望ましい

割れたハート

弁護士に依頼するのが良い理由

夫婦が別れたいと思ったときに、話し合いのみで平和に解決できるのなら、それが一番だといえます。しかし、多くの場合は財産分与や親権などを決めるために、離婚までたくさんの言い争いが起きることになるでしょう。そのような泥沼に突入する事態を防いでくれるのが、夫婦間に入って、取り持ってくれる弁護士です。弁護士を立てれば、自身の代わりに相手側と交渉してくれるので当人同士の接触をかなり減らせます。したがって、感情的な言い争いが起こりにくいため、スムーズな解決を望めるでしょう。なお、弁護士の費用が高いと感じているのならば、できる限り早く依頼をするとよいです。関係がこじれてから頼むのも手ですが、そうすると解決するまで時間がかかるので、弁護士費用が余計に高くなります。

弁護士

弁護士事務所の選び方

別れることを前提条件にして弁護士を頼むなら、探すべきなのは離婚が得意な事務所です。刑事事件や税の問題など、いろいろなジャンルに特化した事務所がありますが、その中には離婚のみを専門とするところもあります。ただ、こちらが弁護士を雇えば、相手側も雇うのが当たり前なので、有利な条件で解決するためには手練れがいる事務所を選ばなければいけません。弁護士の交渉力によって今後の人生が決まるため、実績の確認は最重要だと考えたほうがよいです。もしも、最適な離婚弁護士を選びたいのなら、まずはネット上で事務所の評判を調べて、それから実際に会って話をしてみましょう。初回の60分のみならば費用が発生しない事務所もあるため、頼むことを迷っている状態でも相談をおすすめします。