HOME>ホットトピックス>税理士に依頼しよう【税理士の業務内容とは】

税理士に依頼しよう【税理士の業務内容とは】

レディ

税理士の仕事について

納税は国民の義務であり、各種税金を法律に定められた形式で収める必要があります。ただし納税に関する法律は複雑で分かりにくいことがあり、納税に関するサポートを必要とする方たちが多くいる事情があります。
そのため納税に係る手続きを円滑にするために、アドバイスや手伝い等のサポートをするのが税理士です。
なお税理士は定められた国家試験に合格した専門職であり、税法のスペシャリストです。したがって納税に関する専門用語や法律知識に精通しており、納税の際の頼れる専門家として相談することができます。

依頼の手順

説明

自分に合った税理士を選ぶ

心理的に相談しやすい税理士さんを選ぶことも大事な要素です。自宅から近く通いやすいことや、年齢的に近いなども選択の条件にして良いでしょう。また自社の事業に詳しい税理士さんならより安心できます。

事前に用意できる書類の確認

申告のために必要な書類(領収書、請求書など)は、あらかじめ用意できるものがありますので、事前に用意できる書類については訪問の前に確認しておくことで、二度手間を防ぐことができます。

経理と申告を全て依頼するなら

面倒くさい経理をやりたくないという方は、経理から申告までをオールインワンで税理士に依頼できます。この場合はお金の流れを把握するために必要な領収書や給与明細の他、全ての情報を開示した上で業務を依頼します。大阪を始め、経理を任せることができる税理士は各地に存在しているので気軽に依頼することが可能です。

経理のチェックと申告なら

領収書や入手金の記録を手書き帳簿や会計ソフトを使って行う場合は、記録内容のチェックと申告の手続きを依頼します。このとき簡単でも良いので会計ソフトを使った方が後の対応がスムーズです。

初めてで分からないケースでは

会計処理から申告までの手続きが初めてで、何を用意すれば良いのか分からにといった方もいるでしょう。そんなときは早い段階で税理士に相談して、不足する書類を教えてもらって対応しましょう。